いんきん いんきんたむし 塗り薬 ロテュリミン 個人輸入 通販 購入

男性用いんきんたむし治療薬の激安通販はこちら

 

100%正規品保障・100%配達保障の個人輸入

全品送料無料・カード払いOK!

 

 

ラミシールATクリーム(いんきん用)2本=6,480円


ロテュリミンウルトラ
いんきんたむし専用塗り薬ロテュリミンAFの販売がなくなり、現在新しい塗り薬「ラミシール」が販売されています。
ロテュリミンAFと同様に、いんきんたむしの菌(白癬菌)をしっかり死滅させます。
しかも、ロテュリミンAFよりもかなりお安くなっています。

 

 

>>ラミシールATクリームの詳細はこちら<<

 

ロテュリミンAF (いんきん用)の効果

男性のいんきんたむしは患部がデリケートな箇所のため、治療が往々にして遅れがちです。
しかし、そのまま放置しても絶対に治りません。
それどころかどんどん症状が悪化しますので、治療を必ず行って下さい。

 

陰部(性器)やおしりに、かゆみをともなう湿疹ができるいんきんたむしの原因菌は、
水虫などとまったく同じ白癬菌(はくせんきん)です。
白癬菌が皮膚表面の角質層等のケラチン質を侵すことによって激しいかゆみがおこります。

 

ロテュリミンAFは、白癬菌に強い殺菌力のある「ブテナフィン」配合の、いんきんたむし治療薬です。
患部に塗れば、数日間でかゆみがなくなってきます。
その後、ただれや湿疹もかなり症状が改善してきます。

 

ロテュリミンAF (いんきん用)の使用方法

シャワー・お風呂に入ったあと、清潔な状態で朝・夜の2回、患部に塗ります。
菌は痒い部位により広い範囲に潜んでいますので、かゆみがある部分だけでなく、
その周りの少し広い範囲にも塗ってください。

 

水虫の治療と同じで、多くの人は薬を塗り始めてしばらくするとのかゆみがなくなり
治療をストップしてしまいますが、表面の菌が死んでも中の菌は生きています。
そのため、薬の塗布を1か月〜1か月半続ける事がポイントです。

 

いんきんは皮膚感染しますので、治療中は再感染しない様に、
薬用石鹸(いんきん、水虫用)で患部を洗うとより早く完治します。
また、患部を清潔な状態に保ち、コットンの下着を着用するなど、風通しをよくすることも大切です。

いんきんたむしの症状

陰部や股などに、かゆみをともなう湿疹ができる皮膚病がいんきんたむしです。
いんきんたむしは正式には、股部白癬(こぶはくせん)といいます。

 

原因は白癬菌ですが、感染経路をみると、ほとんどが人から人によるものです。
ただし、犬や猫などのペットから感染することも充分あります。
あまり知られていませんが、いんきんたむしの原因菌とされる白癬菌は、足に寄生する水虫などと同じ真菌です。


いんきんと言えば、男性だけがかかるものという印象がありますが、
最近ではスパッツなど下半身を締めつけるようなファッションの流行により、女性にも広がりつつある症状です。

 

一度白癬菌が付着すると汗や皮脂を栄養にして角質で菌が増えていき、さらに痒みが増すようになります。
そしてかゆい部分を掻くうちに、さらに皮膚が炎症を起こし、患部が悪化するようになってしまいます。

男性のカンジタといきんたむしの違い

この違いは原因となる菌にあります。
カンジタはカンジタ菌という真菌によるものです。
いんきんたむしは白癬菌(水虫菌)によるものです。

 

白癬菌も真菌の一種ですので、症状に似た部分があるようです。
かぶれた感じになり、強いかゆみを感じます。

 

カンジタは男性にも発症します。
カンジダ菌は、カビの一種で温度や湿度が高い状態で繁殖する性質があります。
特に包茎の人は亀頭部が蒸れた状態でいることが多く、カンジタ菌が繁殖する可能性が高いと言われます。
カンジタの場合は、亀頭のかゆみやただれ、亀頭が赤くなり白いカスが出る、
亀頭に小さな水泡ができる、まれに尿道炎を起こすといった症状が出ます。

 

いんきんたむしの場合は、太ももの内側や陰嚢の裏といった、広い範囲にわたってその症状が出ます。
湿疹やかぶれにはステロイド剤を使って治療をすることがよくありますが、いんきんたむしの場合、
ステロイド剤は逆に症状を進めてしまいますので、カンジタといんきんたむしを間違わないように、よく症状を見極める必要があります。

 

どちらもデリケートな部分なので、治療に対して消極的になってしまいがちですが、できる限り早めの治療が望まれます。

 

いんきんたむしに感染した場合の対策

いんきんたむしは、水虫と同じ白癬菌というカビの一種が股間部に感染する皮膚病で、再発を繰り返しやすく、一度感染したら根絶するまで治療する必要があります。

 

原因になるカビは高温多湿な環境を好むため、人の汗に含まれる皮脂やタンパク質がある場所で増殖していくと言われています。
発症すると痒みを伴う事が多く、特に体温が高くなる夏場は強い痒みがあり注意が必要です。

 

いんきんたむしの原因になる白癬菌は強い感染力はなく、もし菌が付着しても早いうちに水で洗い流すと感染することはないと言われています。
また汗で蒸れやすい場所は、原因菌が増殖しやすいため、通気性の良い下着を着用し、皮膚を清潔に保ち乾燥させるなど予防を心がけましょう。

 

治療としては薬を毎日患部に塗るだけで簡単に直ることがあるので、皮膚科で検診してから医師に処方してもらうのが良いでしょう。
病院治療では、紫外線治療器を併用して殺菌効果を高めることで薬も効率良く効くので、菌の拡大を防ぐこともできます。
感染を防ぐために、白癬菌が好む高温多湿な環境を無くし、汗をかいたらすぐに拭き取るなど、日頃から皮膚を乾燥させて清潔に保つことが大切です。

いんきんたむしの感染予防方法

いんきんたむしは、水虫とまったく同じ白癬菌というカビの一種が男性の股間部に感染した皮膚病のことです。

 

このカビが手や足につけば水虫といい、性器周辺に感染した場合はいんきんたむしといい、感染する体の場所によって呼び方が違います。
いんきんたむしは若い男性に見られ、体温が上がることによって患部が熱を持つと痒みがひどくなり症状がでるようです。
特に夏はたくさんの汗をかくため、股間部も蒸れやすくなり症状を発症しやすくなるようです。

 

いんきんたむしは強い感染力を持っていないため、体を清潔に保つことで予防することができます。
またタオルを人と共有しないことも大切で、もし菌が皮膚に付着しても24時間以内に水で洗い流せば感染することはないと言われています。

 

いんきんたむしの予防は、股間を頻繁に洗い清潔に保ち、通気性の良い下着を着用したり、皮膚を乾燥させる事が大事です。
感染の予防をしないと、体の他の部分へ感染を広げるだけでなく、家族や他者へうつすことになるので注意が必要です。

 

いんきんは再発しやすい?

いんきんたむしとは、白癬菌が男性の陰嚢に感染し、股間に強いかゆみを伴ったり、ぶつぶつや水ぶくれができてしまう皮膚の疾患のことをいいます。
白癬菌が足の指の間に増殖して皮膚疾患を起こすと水虫となりますが、場所が変わって男性の陰嚢に皮膚疾患を起こしてしまうことが、いんきんたむしとなります。

 

水虫の時と同様に、一度皮膚に白癬菌が潜伏してしまうと、自然に菌がいなくなるということはありません。
湿度と温度の条件が整えば、何度でも発症を繰り返してしまうことになります。
男性の股間は、特に夏場の暑い季節になると高温になりやすく、また蒸れやすいので、いんきんたむしが発症しやしくなります。
もし足白癬菌に感染していて、水虫を発症している場合は、速やかに皮膚科を受診して早めに治療をしておきましょう。

 

白癬菌の付いた手で股間や他の部分を触ってしまうと、感染が全身に広がってしまいます。

 

また、白癬菌の付いたタオルで全身を拭いてしまうことでも、気がつかないうちに感染を広げてしまうことになります。
自分だけでなく、家族やパートナーにもうつしてしまう可能性があるので、早く治療をすることが大切です。

水虫が発症する条件

水虫は、皮膚の表面にカビの一種である白癬菌と呼ばれる水虫菌が付着し、角質に浸透することで発症します。
皮膚に付着するだけでは水虫の症状は発症しませんが、一度白癬菌が付着して潜伏すると、白癬菌の潜伏期間が5年から10年と長いので、他の条件が整うと発症するということになります。

 

白癬菌が活発に増殖をしてしまう条件としては、湿度や温度が大きく関係してきます。
温度が15度以上で、湿度が70パーセント、その状態が24時間以上続くといった条件が整うと、白癬菌は活発に増殖をしてしまうので、そういった条件が整いやすいのは気温が比較的高い春や夏の時期で、蒸れやすい足の指の間などは水虫になりやすいのです。

 

しかし、足の指以外でもこの条件が整って白癬菌が潜伏していれば、頭皮や身体の柔らかい部分(お腹や胸、ワキ、内ももなど)にも発症してしまいます。
一度水虫になってしまうと、症状は治まっても白癬菌が潜伏しているので、何度も繰り返し発症してしまい、自然に完治することは無いので、きちんと皮膚科で治療を受けましょう。

 

水虫のにおいの正体

水虫が足にできてしまうと、一緒ににおいも気になってきますよね。
だいたいの人が勘違いしていることが多いのですが、白癬菌という水虫菌に感染したからにおいが発生していると思われがちなのですが、足がにおいが発生するような状態になっているところに、何らかのきっかけで白癬菌が付着することで水虫は発症するのです。
最初から白癬菌が活発に増殖できる環境が整っていることで、症状の進行も早くなってしまうために、白癬菌に感染したことがにおいの原因と思ってしまう人が多いようです。

 

足は自分が思っているよりも大量に汗をかいているものです。
春や夏の気温が高い季節だけでなく、秋や冬でも立ち仕事だったり、歩き回るような仕事だったりすると、通気性の悪い革靴やヒールのあるような靴を履いているとなおさら足の裏に汗をかきやすくなります。
汗をかくと雑菌が繁殖しやすく、靴下は毎日替えていたとしても靴の中に雑菌が付着したままになっているので、靴の除菌をしてしっかりと毎回乾燥させていないと、さらに雑菌が増えて足のにおいが発生してしまうのです。

 

 

市販のデリケートエリアのかゆみ止め薬

最近テレビCMで見かける「デリケアエムズ」という股間のかゆみ止め薬、これはどのようなお薬なのでしょうか?

 

「ムヒ」でおなじみの池田模範堂というところから出ている、陰部の蒸れなどによりおこるかゆみや炎症を抑えるクリームです。
非ステロイド系の皮膚症状改善薬で、スーッとする清涼感成分を含み、クールな爽快感があります。
メントールが入っており男性向けのお薬ではありますが、女性が使用することも可能です。
ただし、女性には刺激が強い場合があるため、最初にごく少量を塗ってみて使用感を確認してからが良いようです。

男性用いんきんたむし治療薬の激安通販はこちら

 

100%正規品保障・100%配達保障の個人輸入

全品送料無料・カード払いOK!

 

 

ラミシールATクリーム(いんきん用)2本=6,480円


ロテュリミンウルトラ
いんきんたむし専用塗り薬ロテュリミンAFの販売がなくなり、現在新しい塗り薬「ラミシール」が販売されています。
ロテュリミンAFと同様に、いんきんたむしの菌(白癬菌)をしっかり死滅させます。
しかも、ロテュリミンAFよりもかなりお安くなっています。

 

 

>>ラミシールATクリームの詳細はこちら<<

 

姉妹サイトはこちら

こちらのサイトもお願いします。
今すぐ自分でできる【スマホ老眼】の治療
脂肪肝をサプリで予防![肝臓の数値を下げる方法]